ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月21日

平成29年度固定資産(土地)の提示平均価額について

固定資産評価基準の定めるところにより、知事が算定し、市町村長に通知することとされている指定市町村以外の市町村に係る平成29年度の土地(田・畑・宅地・山林)の提示平均価額について、次のとおり公表します。

平成29年度提示平均価額の算定

3月14日開催の千葉県固定資産評価審議会(会長・大杉麻美明海大学教授)において、了承を得た上で、知事は、以下のとおり、指定市町村以外の市町村の平成29年度の土地の提示平均価額を算定し、各市町村長に通知しました。

今回算定した提示平均価額を平成28年度の評価実績と比較すると、県平均で宅地は0.2%の下落、田、畑、山林は0.0%と横ばいになります。

【平成29年度提示平均価額】

田(エクセル:21KB)田(PDF:42KB)

畑(エクセル:24KB)畑(PDF:42KB)

宅地(エクセル:16KB)宅地(PDF:42KB)

山林(エクセル:28KB)山林(PDF:42KB)

【提示平均価額の地目別における対前年度変動割合】

地目等

土地

宅地

山林

市計

0.0%

0.0%

▲0.2%

0.0%

町村計

0.0%

▲0.1%

▲0.4%

0.0%

県計

0.0%

0.0%

▲0.2%

0.0%

参考

1.提示平均価額の役割

提示平均価額は、各市町村における土地評価の均衡を確保するための役割を果たすものです。本来、当該市町村に所在する土地の平均価額として示されるものであるから、実質的には、当該市町村の土地の実際評価額の平均額が、提示平均価額と同程度の額となることにより、市町村の評価の水準を示すとともに、各市町村間の評価の均衡を図る役割を持つものです。

2.提示平均価額について

提示平均価額は、各市町村の地目ごとに単位当たり平均価額を(1)総務大臣が指定する市町村(指定市町村という。)にあっては、総務大臣が算定し、都道府県知事及び市町村長に通知し、指定市町村以外の市町村にあっては、指定市町村の提示平均価額を参考として、都道府県知事が算定し、市町村長通知にするものです。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部市町村課税政班

電話番号:043-223-2134

ファックス番号:043-224-0989

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?