ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年6月24日

期日前投票制度について

公職選挙法の一部が改正され,従来の選挙人名簿に登録されている市区町村において行う不在者投票に替わる制度として「期日前(きじつぜん)投票制度」が平成15年12月1日から創設されています。

「期日前投票制度」って何ですか?

選挙は,選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが,期日前投票制度は,選挙期日の前であっても,一定の事由に該当すると見込まれる方は,選挙期日と同じく投票を行う(選挙人が投票用紙を直接投票箱に入れる)ことができる仕組みです。

投票の対象者は誰ですか?

選挙期日に仕事や用務があるなど,期日前投票事由に該当すると見込まれる方です。したがって,投票の際にはこれらの事由に該当すると見込まれる旨の宣誓書の提出が必要となります。

選挙期日に18歳になりますが,期日前投票はできますか?

選挙期日には選挙権を有することとなりますが,期日前投票を行おうとする日においては,未だ選挙権を有しない方は,期日前投票をすることができません。この場合には,選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会などで不在者投票をすることができます。

投票期間はいつからいつまでですか?

選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です。

投票場所及び投票時間はどうなっているのですか?

場所は,各市区町村に一箇所以上設けられる「期日前投票所」です。時間は,原則午前8時30分から午後8時までです。ただし「期日前投票所」が複数設けられる場合は「期日前投票所」によって,投票期間や投票時間が異なることがあります。詳しくは,お住まいの市区町村の選挙管理委員会にお尋ねください。

期日前投票は,どのような手続で行いますか?

実際の投票手続は期日前投票の投票手続についてのページを御覧ください。

「不在者投票制度」はどうなっているのですか?

選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会で行う不在者投票は,原則として期日前投票に移行しています。選挙人名簿登録市区町村以外の市区町村の選挙管理委員会や指定された病院・老人ホーム等における不在者投票は,選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日まで行えます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:選挙管理委員会  

電話番号:043-223-2142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?