サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月15日

売津古道保存会

売津古道に夢見る!

美しい故郷を子どもに!孫に!引き継ごう!

売津古道を復活させる会

 

団体名称

売津古道保存会

取り組んでいます

津市売津には奈良時代から都へと続く、安房・東海道の一翼を担った古道が存在する。古道の周辺には四季の山野草が花の美しさを競い合い、近年まで各地から重用された房州石(天神山石)の切り出し所(丁場)や石を運び出す車力車の通った石積みの見事な道が残されています。この先人が歩んだ道を復活し、子供たちに感動と学びの場・住民の憩いの場にしつつ地域活性化につなげてゆきたい。

苦労話、自慢話

該地域には農耕放棄された土地が多く、古道(赤道)には竹類が繁茂し、直径30センチ以上の樹木が茂る等々、整備には専門の機械や重機も投入しなければなりませんでした。来る日も来る日も竹を切り、木を倒し、草を刈る作業ばかりで、整備作業もなかなか進みませんでしたが、一年を経過すると道らしくなり、古道をめぐって草花をめでる人が集まり、現在は「売津古道に山野草を訪ねる会」が季節毎に開かれています。

これからやりたいこと

切り場(丁場)の整備・古道沿いに流れる小川に生息する水生動物の観察設備を早く作り、子供たちに学びの場・思い出の場を提供したい。

協力します、力を貸して

津古道のパンフレットを作りたいと考えています。石切り場で使用されていた道具類をお持ちの方・水生動物(サンショウウオ・ヤゴ・タガメ等)に御詳しい方、写真を撮らせてください・解説をしていただくと助かります。

売津古道保存会の概要

団体所在地

〒299-1617  富津市売津225

代表者

椎熊  邦廣(男)

電話番号

0439-67-0417

(事務局  090-2532-8459)

電子メール

orimoto-j@sky.plala.or.jp

取組み開始

平成21年5月

構成人数

17人(男15人、女2人)

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2447

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?