サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月9日

岩沼の獅子舞保存会

獅子舞の後継者育成

岩沼の獅子舞は、江戸時代寛政年間の頃から200有余年伝統芸能として一子相伝にて継承され、昭和36年6月9日に千葉県の無形民俗文化財に指定されたと同時に保存会を設立し現在に受け継がれている。

皇産霊神社の秋季祭礼

昔は、皇産霊神社の祭礼が10月19日に実施されていたが現在は19日に最も近い土曜日に開催されている。祭礼の当日、野外の特設舞台で五穀豊穣、家内安全、悪疫退散を祈願して獅子舞を奉納する。また村の文化祭や小学校の集会にも出演している。

活動の様子活動の様子

活動の様子

団体名称

岩沼の獅子舞保存会

取り組んでいます

沼の獅子舞保存会は、この優れた獅子舞を後世に継承するために、こども教室を開設し後継者育成に努めている。指導者は獅子連社中の皆さんで、笛、太鼓、舞、劇の4部門に分けて指導する。

目は、羽手の舞、仕立て四足の舞、亀の舞、乱玉の舞、鳥刺し踊り、国性爺合戦等である。

苦労話、自慢話

在こども教室で練習している児童、生徒は25人ですが、指導者が高齢なため、横笛の練習に苦労している。

沼の獅子舞で特に自慢できるのは、乱玉の舞である。15mの大梯子の上に4mの梯子を横に置き、その上で2頭の獅子が交代で乱舞する舞は、勇壮で大観衆を驚嘆させ、絶賛されている。

これからやりたいこと

岩沼の獅子舞が村内の活性化に役立つよう努める。

協力します、力を貸して

要請があれば出演します。

岩沼の獅子舞保存会の概要

団体所在地

長生郡長生村信友1951

代表者

石塚 猛(男性)

電話番号

0475-32-2405

電子メール

ホームページ

取組み開始

昭和36年6月

構成人数

1,267人(男632人、女635人)

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2441

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?