サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月18日

かわ・水・みどり

上流の町”鎌ケ谷”地域の自然と治水を知ろう!

水と親しもう

かわみずみどり

団体名称

かわ・水・みどり

取り組んでいます

 東西4km、南北6km、面積21.08km2の市域のほぼ中央に分水界があり、印旛沼、手賀沼、東京湾へと水が流れ出すという、鎌ケ谷の水環境に魅せられて活動を始めた。

 最上流にある町「鎌ケ谷」では、河川も下水道も整備は下流から工事が進むので、下水道の敷設がなければ河川は生活排水を運ぶ流路であり、大雨が降れば下流に浸水被害をもたらすという、水の質と量の問題を抱えていた。

 川はどこからどのように流れ、流末にたどり着くか調査をし、また生活排水の汚濁削減のため、石けん運動やエコたわしの普及などに取り組んだ。また生き物の宝庫 市民プールの観察会は閉鎖までの20年間、実施した。水生生物に限らず、自然にも目を向けている。

 現在は下水道の普及が進み、懸念は気候変動による大雨の被害である。培ってきた流路の知識や水害への対応策、水路の歴史などのほか、地域の水環境を知るー「隠れ川と貯留池」「四つの川に あいにいこう」など提供できる講座がある。

苦労話、自慢話

調査研究三部作

  • 川をたずねて 1996(鎌ケ谷市史研究第12号1999に掲載された)
  • 鎌ケ谷の水環境 1999
  • 水環境を学ぶ手法の研究 2002

その他

  • 水辺のいのちのにぎわい「プールの一年」 2009
  • 「水のはなし・鎌ケ谷の川」 2012
  • 「ワクワクビオトープの記録とビオトープ植生遷移」 2016
  • 「鎌ケ谷市における真間川水系の治水と水辺の記録」 2017発行予定

これからやりたいこと

「大柏川第二調節池のこれから」準備中

かわ・水・みどりの概要

団体所在地

千葉県鎌ケ谷市西道野辺

代表者

倉田智子(女性)

電話番号

Tel&Fax047-445-3208

電子メール

kurata.s@sage.ocn.ne.jp

ホームページ

 

取組開始

平成8(1996)年5月

構成人数

10人(女性のみ)

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2441

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?