ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年10月16日

ページ番号:396765

上総掘り技術伝承研究会

国指定無形民俗文化財「上総掘りの技術」の保存・継承

上総掘り技術伝承研究会上総地方で生まれた伝統的な井戸掘り技術「上総掘り」シンプルな道具、人力のみで100メートルを超える深さまで掘り進める上総掘りは、国内外で今でも必要とされる伝統的技術です。

団体名称

上総掘り技術伝承研究会

取り組んでいます

上総掘りの道具作りから、アシバ組、掘削活動など。上総掘りの技術により、実際に井戸を掘っています。

苦労話、自慢話

道具を井戸孔に落としてしまい、せっかく掘った井戸孔を途中で諦めざるを得なかったこと。

これからやりたいこと

色々な場所で上総掘りを実践していきたいと思います。

協力します、力を貸して

会員募集。近隣にお住まいの方、女性も大活躍できます。竹や井戸を掘る土地を提供してくれる方も募集中です。

上総掘り技術伝承研究会の概要

団体所在地

袖ケ浦市下新田1133(袖ケ浦市郷土博物館)

代表者

会長矢野久登(男性)

電話番号

0438-63-0811(袖ケ浦市郷土博物館)

電子メール

sode65@city.sodegaura.chiba.jp
ホームページ https://kazusabori.jimdofree.com外部サイトへのリンク

取組開始

平成17年11月

構成人数

男性13名、女性2名

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部地域づくり課地域活性化室

電話番号:043-223-2447

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?