ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年12月7日

ページ番号:389699

第2回千葉県地方創生総合戦略策定懇談会の開催結果

千葉県の地方創生総合戦略の策定に当たり、様々な分野の代表や有識者から専門的及び総合的な立場からの意見を幅広く聴くため「千葉県地方創生総合戦略策定懇談会」を開催しました。

1.開催日

令和元年12月3日(火曜日)~12月27日(金曜日)

※第2回は持ち回りにより開催しました。

2.会議内容

第2期千葉県地方創生総合戦略コアプラン(原案)について

3.委員からの主な意見

  • 市町村のことをしっかり考えて実行してもらいたい。財政的支援だけでなく、マンパワーを含めた精神的支援が必要。
  • 市町村との連携が一番の課題。県と市町村との間でコミュニケーションが不足している。県職員が市町村の中に入っていくことも必要。
  • AI・ICT等の科学技術の進歩、産業の国際化、少子高齢化が同時に進展している今、数十年後を展望するのは極めて難しい。県南・県東部の現状に加え県西部における急速な高齢化を踏まえると楽観的すぎるような印象もあるが、県全体の「目指すべき将来の基本方向」と理解する。
  • 農業など一次産業に所得面だけでない価値を見出していかないと益々衰退していく。一次産業が国を支えていることを教育の現場で教えていかないといけない。
  • 今後の人口減少を少しでも食い止めるためにも、千葉県に住むことでどのような良いことがあるのか、具体的な訴求が必要。
  • 県としてできることは限られている中で、千葉県としての将来目指すべき方向性を示し、様々な主体に対して呼び掛けていくことは重要。
  • 県外への人口流出に歯止めをかけるためにも、県内の中核地方都市へ雇用の場を創出していくなどの施策が必要ではないか。 
  • 教育の場において、地元のことを知り、愛着を持てるような取組をもっと進めないといけない。
  • 今の学生には、選択肢を広げてあげるようなお膳立てが必要。地元企業へのインターンシップを行うことによって、学生の視野も広がるし、地元を知る契機にもなる。

4.会議資料

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課政策室

電話番号:043-223-2483

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?