ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年5月7日

株式会社マーキュリーシステム|千葉県ものづくりネットワーク

映像文化の新次元の感動を、世界の隅々までお届けします。

企業の紹介

株式会社マーキュリーシステムは、携帯電話やNotePCに、2Dto3Dリアルタイム変換技術を搭載した各種実績が有ります。日米特許登録済みの独自アルゴリズムを用いた3Dリアル変換技術により、既に撮影済みの映画や記録映像など、全ての過去の映像資産を立体映像化出来ますので、無尽蔵に立体コンテンツを供給することが可能になり、立体化推進には、大きな力を発揮すると確信しています。

事業内容

3D(リアルタイム自動立体視)事業
<1>IP事業
映像表示モニターを有するDVD再生機、ゲーム機、パソコン、テレビなど一切の映像機器用に、リアルタイムに自動で立体画像に変換するプログラムを、ソフトウェア或いはネットリストにより、ライセンス供与します。
<2>STB事業
テレビ、DVD再生機、パソコンなどに接続するだけで、簡単に子供から大人まで、リアルタイムで自動立体映像が楽しめる環境を提供します。
<3>チップ事業
リアルタイム自動立体画像変換プログラムをチップ化し、各種映像機器へのチップ搭載を可能にします。
<4>コンテンツ事業
映画など膨大な過去の映像資産を、そのまま立体映像に変換します。変換された立体映像作品は、映像業界・出版業界・インターネット業界などで広範囲に使用できます。
<5>プリント事業
立体効果を付与した印刷物を、販売します。
地図事業
地図事業では、次のシステムの製造販売を行っています。
公文書検索、固定資産税評価、航空写真表示、公有財産管理、行政地名変更、各種数値地図、人工衛星軌道追跡、下水道受益者負担管理、その他

3DMAVE
お手持ちのDVDやビデオの2D映像をリアルタイム3D映像に変換するSTB(セット・トップ・ボックス)
○3Dブラウザ
パソコンに保存されている画像を自動で3Dに変換します。
○3Dパーソナルシアター
3D映像を見るために必要な商品を組み合わせた「3Dパーソナルシアター」。お手持ちの環境と組み合わせれば、今すぐ3D映像がご覧いただけます。

我が社の自慢

保有技術について

当社の立体視技術は、従来技術では動きのない2D映像は立体化出来ないなどの欠陥を解決し、1フレーム毎の画像から映像を構成する物体の奥行きを自動仮想計算し、視差を持つ左右の画像を作り出し、リアルタイムに秒30フレームの静止画を滑らかに処理出来るため、極めて自然に近い立体感が得られます。
当社技術により、既に撮影済みの映画や記録映像など、全ての過去の映像資産を立体映像化出来ますので、無尽蔵に立体コンテンツを供給することが可能です。

企業概要

企業名 株式会社マーキュリーシステム外部サイトへのリンク
所在地 〒277-0826千葉県柏市宿連寺392番地
連絡先 TEL:04-7131-7523
URL

http://www.mercury3d.co.jp/

認定、受賞等  

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

※掲載企業に関するお問い合わせは、直接企業へお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?