ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月20日

主要設備(磁気探傷装置):産業支援技術研究所・天台庁舎

機器設備の概要、型番など
概要
強磁性体を磁化すると表面または表層部に存在する欠陥部に漏洩磁束が発生します。ここに磁粉を散布すると欠陥部に磁粉が吸い寄せられる性質を利用して欠陥を検出します。本装置は軸通電法、電流貫通法、コイル法を適用することができます。
製造者
日本飛行機株式会社
型番
TH-50、AH-54
導入年度
1975
備考

主な仕様及び性能

機器設備の仕様など
最大電流
交流4000A、直流5000A
整流方式
三相全波整流
最大極間距離
1350mm

磁気探傷装置の外観

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所材料技術室

電話番号:043-252-2106

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?