ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月13日

千葉県立農業大学校に関するQ&A一覧

よくあるご質問について

本校に関するご質問にお答えしています。これら以外に新たな質問等があれば、ホームページ内の「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。また、学校案内等もご覧ください。

質問内容一覧

農学科・研究科への入学について

Q1「千葉県立農業大学校」とはどんな学校ですか。
Q2所在地はどこですか。また、どのような環境ですか。
Q3入学金や授業料はいくらですか。また、在学中にかかる経費はどのくらいですか。
Q4授業料の減免制度はありますか。
Q5奨学金等の制度はありますか。
Q6受験しようと思っているのですが、学校の見学は可能ですか。
Q7受験の手続はどうすればよいですか。
Q8私の家は農家ではないのですが、入学はできますか。
Q9私の家は千葉県外にありますが、入学はできますか。

教科関係について

Q10授業時間や時間割はどのようになっていますか。
Q11教育のポイントはなんですか。
Q12卒業するとどのような資格が得られますか。
Q13どのような専攻がありますか。
Q14どのような先生が教えているのですか。

寮生活について

Q15なぜ寮生活をするのですか。
Q16学生寮はどんなところですか。
Q17全員入寮しなければならないのですか。
Q18食事はどこで食べるのですか。

学生生活について

Q19どんな行事がありますか。
Q20サークル活動はできますか。
Q21アルバイトは可能ですか。
Q22自動車やバイク、自転車の持ち込みはできますか。
Q23学校は駅から少し遠いようですが、バスなどは利用できますか。

回答内容一覧

 農学科・研究科への入学について

Q1「千葉県立農業大学校」とはどんな学校ですか。

本校は、千葉県農業の担い手育成の中核的機関として位置付けられており、農業に関する実践的な教育を行うことにより、優れた農業の担い手と指導者の育成を設置目的としています。平成24年4月から、農業改良助長法に基づく農業者の研修教育施設に加え、学校教育法による専修学校として新たにスタートしました。専修学校としての農業専門課程として農学科と研究科が、また、新規就農希望者等を対象とした研修課程として、農業研修科と機械化研修科が設置されています。
1農学科:修業年限2年、定員各学年80名、高等学校を卒業した者、学校教育法により大学に入学できる者
2研究科:修業年限2年、定員各学年20名、千葉県立農業大学校農学科を卒業した者等

Q2所在地はどこですか。また、どのような環境ですか。

県都千葉市から東へ30キロメートル、九十九里平野近く、太平洋の水平線が眺望できる丘陵地の東金市家之子に立地しています。ゆるやかに広がる丘陵地は、本県畑作地帯の中心である北総台地に連なり、南には大規模ほ場整備のされた水田地帯が広がっており、千葉県農業を学ぶにふさわしい最適の環境にあります。

Q3入学金や授業料はいくらですか。また、在学中にかかる経費はどのくらいですか。

在学中にかかる年間経費は、次のとおりです。農学1年生約73万円、農学2年通学生約28万円、農学2年寮生約54万円、研究科通学生約32万円、研究科寮生約57万円。なお、経費の詳細は下記のとおりです。

1授業料等の納入金

(1)農学科・研究科:(共通)受験料2,200円、入学料5,650円、授業料(年間)118,800円
(2)入寮者(農学科1年全寮制):寮費(年間)9,600円、寮光熱水費(年間)51,600円

2その他諸経費:授業料等の納入金のほか、食費(寮生約19万円)、教材、保険等(教科書・実験着・実習着・校外活動費・健康診断・傷害保険・学生自治会費等)のその他諸経費が必要となります。なお、諸経費の残金は卒業時に精算しお返しします。

(1)農学科1年(全員寮生)約540,000円(教材・保険等70,000、食費を含む諸経費320,000円、海外農業研修費150,000円)
(2)農学科2年通学生約160,000円(食費を除いた諸経費)
(3)農学科2年寮生約360,000円(食費を含む諸経費)
(4)研究科通学生約200,000円(食費を除いた諸経費)
(5)研究科寮生約400,000円(食費を含む諸経費)

Q4授業料の減免制度はありますか。

次のような一定条件ごとに、授業料の減免措置があります。
1災害等により生活に困窮し、授業料の納入が著しく困難な者
2生活保護法第6条第1項に規定する被保護者である者
3母子家庭、父子家庭、交通遺児家庭その他学費負担者が死亡又は長期の疾病による療養を必要とし、授業料の納入が著しく困難な者

Q5奨学金等の制度はありますか。

独立行政法人日本学生支援機構や市町村など奨学金を設置している機関・団体が規定する要件を満たせば対象となります。日本学生支援機構の奨学金には、次の2つがあります。
1予約採用高校在学時に候補者決定を受け、大学校入学後手続を行う者を対象
2定期採用大学校入学後、貸与希望を表示、選考を経て大学校の推薦を受け手続を行う者を対象

Q6受験しようと思っているのですが、学校の見学は可能ですか。

6月と8月に高校1、2、3年生、保護者、高等学校の先生等を対象にオープンキャンパス及び一日体験入学を実施しますのでご参加ください。

Q7受験の手続はどうすればよいですか。

学生募集の時期になると、学生募集案内(願書添付)は、千葉県立農業大学校、地域農業事務所、地域振興事務所、県内高等学校等にあります。郵送を希望する方は、直接、千葉県立農業大学校に連絡してください。

Q8私の家は農家ではないのですが、入学はできますか。

家が農家でなくとも入学は可能です。例年、在校生の5割程度が非農家出身です。

Q9私の家は千葉県外にありますが、入学はできますか。


千葉県外の人も入学は可能です。毎年、他都道府県の方が入学しています。

 

 教科関係について

Q10授業時間や時間割はどのようになっていますか。

授業時間は90分となっています。月曜日から金曜日まで1日4時限の授業となります。
1時限目9時00分~10時30分、2時限目10時40分~12時10分、3時限目13時00分~14時30分、4時限目14時40分~16時10分

Q11教育のポイントはなんですか。

1生産・流通・加工・販売・経営に至る一貫教育の実施
(1)必須、選択を組み合わせた単位制カリキュラムを使用
(2)国際化、マーケティング論など幅広い視点で学習できるよう教育課程を編成
(3)6次産業化へ対応した食品加工施設の拡充
2本学農場内での実践的な農業経営の学習
(1)農学科では学生の将来目標に即した11の専攻コースでの実習
(2)研究科では、経営実践能力を高めるための「農業経営実習」や「加工・商品開発演習」の充実
(3)農業研修科では、多様な研修生に対応した、農業経営学を基本とする就農実践研修
3先進農家への派遣等による実践農業の体験学習
(1)指導農業士など国内外で活躍する先進農家や農業法人、農業関連団体などへの農業派遣実習による実践農業の学習
(2)インターンシップ研修などによる農業関連産業等の職業体験
4学生が快適に学べる充実した教育環境
(1)本県農業の担い手を育成するにふさわしい教育環境の整備と施設の充実
(2)教育、実習及び就農・就職を支援するための組織体制の充実
5寮生活を通じた協調性や自主性のかん養
6専門技術と知識を有した経験豊富な教育陣

Q12卒業するとどのような資格が得られますか。

卒業生には、国が認める「専門士」の称号が付与されます。また、本人が試験を受けて合格する必要がありますが、在学中に次の免許・資格などが取得できるよう、学習指導及び受験支援をしています。
大型特殊自動車免許(農耕用)、日本農業技術検定、農業機械士、毒物劇物取扱者資格、危険物取扱者資格、日商簿記他

Q13どのような専攻がありますか。

農学科2年次から11の専攻教室に所属し、少人数で専門的な教育を受けます。専攻教室は学生生活の中で最も大切な卒業論文を作成する場であるとともに、生涯の恩師、友人と出会える機会でもあります。
【専攻教室】
作物・施設野菜・露地野菜・果樹・花き園芸・生物工学・畜産・情報経営・食品加工・土壌肥料・病害虫

Q14どのような先生が教えているのですか。

農学科、研究科とも、農業・農村の現場を熟知し、直接農業者に指導してきた経験豊かな指導職員や試験研究機関の研究員を中心に、大学教授、県庁行政経験者及び各種農業関係団体職員等が授業を受け持っています。

 

 寮生活について

Q15なぜ寮生活をするのですか。

本校では、寮生活を単なる生活の場としてだけではなく、自立と協調の精神、正しい人間関係、リーダーシップ等のかん養のための重要な場と位置付けています。その運営は、寮生委員会が自主的に行っています。


Q16学生寮はどんなところですか。

3階建ての鉄筋コンクリート造りの寮です。男女のブロック(フロアー)が分かれています。部屋は、原則として3人一部屋となっています。

Q17全員入寮しなければならないのですか。

農学科の1年生は、全員寮に入ります。農学科2年生、研究科1・2年生は、生活全般におけるリーダーにふさわしい資質があると認められる場合は、希望により生徒の通学距離、空き室の状況等を勘案して、入寮を認めています。

Q18食事はどこで食べるのですか。

食事は、休業日等を除く通常の月曜日~金曜日までは、朝、昼、晩とも隣接した食堂を利用することになります。食堂は、民間業者が栄養士の指導に基づき調理しますので、栄養に十分配慮しています。

 

 学生生活について

Q19どんな行事がありますか。

年間さまざまな行事がありますが、主なものは、全校スポーツ大会、東関東農業大学校スポーツ大会、社稷祭(しゃしょくさい)、視察研修旅行などです。

Q20サークル活動はできますか。

現在、野球部、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、卓球、サッカー、硬式テニス、駅伝同好会、武道同好会、薬草・ハーブ同好会が活動しています。

Q21アルバイトは可能ですか。

アルバイトは可能です。ただし、学業に支障のない範囲で行うこととし、寮生の場合は門限(22時00分)までに帰寮することとしています。

Q22自動車やバイク、自転車の持ち込みはできますか。

農学科2年生以上であれは、学校長あてに自動車(バイク)乗入許可願を提出し、許可されると学校構内への乗り入れが可能となります。

Q23学校は駅から少し遠いようですが、バスなどは利用できますか。

学校専用の無料バスが、休業日等を除く月曜日~金曜日まで毎日、学校から最寄りのJR東金線求名駅間を朝2便、夕方1便運行しています。

参考資料:千葉県立農業大学校に関するQ&A一覧(PDF:808KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業大学校庶務教務課

電話番号:0475-52-5121

ファックス番号:0475-54-0630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?