ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年8月2日

ページ番号:942

ちばのふるさと料理-かいそう

コトジツノマタ(海草)をよく煮とかして固めたものです。
海匝、山武地域では、新しい年を祝う喜びの料理として、欠かせません。
コトジツノマタは飯岡町の刑部岬下の海で採れます。

かいそう

【材料】(4人分)

  • コトジツノマタ(海草)------100g
  • 水--------------------------1リットル
  • 塩--------------------------大さじ3
  • しょうゆ--------------------大さじ1
  • 青のり----------------------小さじ1

作り方

  1. 海草の石や貝を除き、手早く洗います。
  2. 深なべに水と海草を入れ、最初は強火で、海草が溶けはじめたら、中火にして、かきまわしながら溶けるまで煮ます。
  3. 煮えたら、塩、しょうゆを加え、容器に泡を入れないように流し、青のりをふり入れてかためます。

一口メモ

  1. 煮かげんは、しゃもじで鍋底に線を引き、線が見える程度とします。
  2. 泡を入れないように流しかためます。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2911

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?