ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月28日

ちばのふるさと料理 - 性学もち

うるち米を粉にしないで,米状のまましんこもちをつくる方法で,別名をつきぬきもちともいいます。

製粉にする手間や,保存のわずらわしさがなく,味の良さでも好評です。この方法は,江戸時代末期に大原幽学が伝えたとされ,香取,海匝地域を中心に広まり,伝承され続けています。

性学もち

【材料】(10人分)

  • うるち米-----------1.4kg
  • 水-----------------適量
  • あんのいろいろ(くずあん・きなこあん・ごまあん)

作り方

  1. 米は洗って水につけておきます。(夏3~4時間,冬1晩)
  2. 米の水気をよく切り,米は蒸し布で包んで,蒸気の上った蒸し器で10~15分間蒸します。
    蒸した米を水にとり,手早く洗ってよく水気を切ります。
  3. 再び,蒸気のよく上がった蒸し器で20分位芯がぬけるまで蒸し,もちつき機で,なめらかになるまで30~40分位つきます。
  4. 一口位に丸めて,くずあん,きなこあん,ごまあんなどでいただきます。また,ぜんざい,フルーツ白玉風にしたり,お雑煮にしたり,いろいろな味で楽しむことができます。

一口メモ

米は充分水につけ,よく水切りをしてから蒸します。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?