ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月3日

ちばの魚道

河川に設置されている利水用構造物(ダムや堰など)によって水生生物の遡行を遮らないための水路を施設に付属させたものが魚道です。
ここでは、県内に設置されている代表的な魚道の紹介と、更に興味を持たれた方には現地までの簡略図をご用意しました(下表の該当する河川名をクリックしてください)。
また、更に詳しい内容をお知りになりたい方は、「内水面ズームアップ第5号」をご覧ください。

河川名

分類

※解説

施設写真

夷隅川

階段式

平面水路に水制用の隔壁を設け、プール部分と越流部分とによって勾配を和らげたもの。

魚道

養老川

アイスハーバー式

階段式の改良型で、階段式に切り欠きと潜孔を設けたもの。

魚道

栗山川

バーチカルスロット式

流勢を緩和するため、矩形水路を一定間隔の隔壁で仕切り、その隔壁に縦のミゾを配するもの。

魚道

長尾川

粗石付斜路式

斜曲面に粗礎石を配置し、多様な流速を作ることにより、遊泳力の小さい底性魚や甲殻類が遡上しやすくなる。

魚道

※出典:「農業水利施設の魚道整備の手引き」農業水利施設魚道整備検討委員会

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産総合研究センター内水面水産研究所

電話番号:043-461-2288

ファックス番号:043-460-1340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?