ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年1月19日

平成27年第1回一都三県サバ漁海況検討会の開催結果報告

平成27年1月8~9日に千葉県水産総合研究センターで、一都三県サバ漁海況検討会を開催し、伊豆諸島周辺海域でサバを漁獲するたもすくい網漁業と棒受網漁業の漁海況予報をとりまとめましたので、以下に掲載します。

平成27年漁期サバたもすくい網漁業と棒受網漁の見込み(PDF:258KB)

当検討会は千葉県、東京都、神奈川県、静岡県が共同して、関東近海に来遊するマサバの資源状態を把握し、的確な漁海況予測を行うことを目的に、1969年(昭和44年)に創設され、今年で47年目を迎えました。

この間、マサバの減少とゴマサバの増加という資源変動と漁業勢力に大きな変化がありましたが、伊豆諸島周辺海域に来遊するサバ類資源の生態や漁場形成に関する情報を蓄積してきました。今後もこれらの成果を活用し、より精度の高い漁海況予測の提供を目指していきます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産総合研究センター資源研究室

電話番号:0470-43-1111

ファックス番号:0470-43-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?