サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月8日

深海ガニ「オオエンコウガニ」が釣れました!

平成24年12月27日、当センターに千倉町で遊漁船を営んでいる三喜丸さんから深海ガニ「オオエンコウガニ」が持ち込まれました。

オオエンコウガニはオオエンコウガニ科オオエンコウガニ属の1科1属1種(国内では)のカニで、図鑑によると東京湾以南の海域に生息と記載されていますが、銚子の底びき網でも漁獲されるようです。(参考:「日本産蟹類」(講談社,1976))

オオエンコウガニ1

三喜丸さんが野島崎沖で操業中に釣りの仕掛けに絡まってきたそうです。採捕された海域は水深460m、水温13℃の深海です。

オオエンコウガニ2

甲幅18.3cm、重さ2.7kgで、この種としてはかなりの大型です。手足が長く腹側のふんどしの幅が狭いことから雄と思われます。また、甲の表面にはエボシガイが付いており、しばらく脱皮していないことが伺われます。 

 

オオエンコウガニ3

 

オオエンコウガニ4

 

このカニを食べたことのある当センターの職員によると、「ちょっとクドいけど肉も多く美味しい」とのことです。

元々漁獲量が少なく一般にはほとんど流通されません。もちろん、生きたまま捕獲されるのは珍しく、三喜丸さんの「子供たちに見てほしい」という意向を受けて鴨川シーワールドに引き取っていただくことになりました。近いうちに展示される予定ですので要チェックですね!

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産総合研究センター企画調整室

電話番号:0470-43-1111

ファックス番号:0470-43-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?