ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年5月22日

畜産総合研究センターの最近の出来事

当センターを会場として開催された最近の出来事について紹介します。

試験研究と普及の連携会議

  • 開催日は平成30年5月10日
  • 農林水産技術会議畜産部会大家畜・中小家畜合同分科会の主催
  • 各農業事務所の改良普及課畜産担当職員、担い手支援課、畜産課、センター職員等44名

県内に10カ所ある農業事務所改良普及課の農業改良普及指導員と当センターの試験研究担当者の情報交換会を開催しました。今年度の普及活動や試験研究の計画、前年度までの成果について互いに報告を行い、畜産の生産現場で今研究が求められている課題の把握や研究成果の確実な普及定着を図るために意見交換を行いました。

現在、農業事務所改良普及課の畜産担当は各所1~2名しかおらず、所をまたいだ横の連携強化が必要とされています。一方当センターも若手の研究員が増え、農家現場の現状について知る場が必要となっていました。平成25年度から当会議を開催し、今年度で6年目になります。

優良職員表彰

  • 開催日は平成30年4月5日
  • 総務部総務課の主催
  • 畜産総合研究センターの職員1名が受章

当研究センターの長谷川研究員が、県の優良職員表彰を受章しました。

優良職員表彰は、職務に精励し、顕著な功績があった職員に対し、その功労に報いるとともに、職員の勤務意欲の高揚と業務能率の増進を図るために表彰するものです。

長谷川研究員は、養豚の浄化処理排水に含まれる硝酸性窒素の排出を低減する技術を開発し、今後、多くの畜産農家への普及が期待されることから、今回の受章となりました。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産総合研究センター企画環境研究室

電話番号:043-445-4511

ファックス番号:043-445-5447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?