ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年7月22日

ページ番号:2059

図書・映像資料情報┃男女共同参画センター

おすすめの新着図書や映像資料(DVD)などをご紹介しています。

新着図書と映像資料はリストからご確認いただけます。

おすすめ図書

浮世絵が語る 江戸の女たちの暮らし

浮世絵が語る 江戸の女たちの暮らし 表紙

著者

藤田 誠(著)・髙木 まどか(江戸暮らし監修)

出版者

グラフィック社(2022年3月刊)

内容

江戸時代、そして日本の文化を代表する美術「浮世絵」。その中に描かれている女性たちの姿から、当時の風習や流行、女性たちの日々の暮らしなどを読み解いています。

美術愛好家の著者が、読者に話しかけるような、また機知に富んだ語り口で、江戸の賑い・季節の行事・私的な時間・食・娯楽などのテーマ別に分けた「浮世絵」を、1枚ずつ丁寧に解説していきます。

「浮世絵と浮世絵師」や「江戸時代の文化・生活と江戸の女性たち」について、わかりやすく案内してくれる本です。

 

女性と天文学

女性と天文学 表紙

著者

ヤエル・ナゼ(著)・北井 礼三郎  頼 順子(訳)

出版者

恒星社厚生閣(2021年11月刊)

内容

今でも使われる「恒星の分類法」を確立したアニー・ジャンプ・キャノン、宇宙の距離を測る法則「周期ー光度関係」を発見したヘンリエッタ・スワン・リービット、夫や友人と共に発表した論文「恒星における元素合成」によって元素の起源という天体物理学の根源的な問題を解明したマーガレット・バービッジ、宇宙の灯台のように明滅する天体「パルサー」を発見したスーザン・ジョスリン・ベルなど…。

男性優位の研究環境の中、天文学の研究を続けて、その発展に多大な貢献をした女性天文学者たちの業績と生涯をたどる、ベルギーの女性天文学者による著作です。

なお、本書(日本語の翻訳版)では、「日本の女性と天文学」という章が追加され、日本の女性天文学者の活躍の実例として、「太陽観測」を続けて国際的に高い評価を得た小山ひさ子などが紹介されています。

 

図書・映像リスト

以下項目をクリックするとデータが開きます。

新着図書・映像リスト

新着リスト(令和4年7月版)(PDF:651.7KB)

新着リスト(令和4年4月版)(PDF:622.7KB)

新着リスト(令和4年3月版)(PDF:652.3KB)

書名リスト

図書一覧(エクセル:1,022.6KB)

映像資料リスト

映像資料一覧(エクセル:18.4KB)

お問い合わせ

所属課室:総合企画部男女共同参画センター

電話番号:043-420-8411

ファックス番号:043-420-8581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?