ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和4(2022)年9月14日

ページ番号:538384

令和5年度公立学校教員採用候補者選考第2次選考における実技検査について

発表日:令和4年9月14日
教育振興部教職員課

 令和5年度公立学校教員採用候補者選考第2次選考の音楽実技検査において、出題内容の案内文の一部に誤りがあり、全ての受験者に対し公平な検査ができなかった状況が生じました。

 そのため、公平性を保つ観点から、実技検査の一部については、音楽実技受験者全員を最も高い評価とすることとしました。

選考日時 

令和4年8月19日(金曜日)午前8時30分~午後4時40分

対象者

中学校・高等学校音楽の2次選考受験者全員

対応内容

音楽実技検査(1)実技演奏について、受験者全員を最も高い評価とする。

経緯

(1)音楽受験者は3つの実技検査を行うことになっており、事前に県教育委員会から以下のような案内を出した。

実技検査(1)…実技演奏(独唱・独奏:任意の曲)楽器はピアノを除く。
実技検査(2)…ピアノ弾き歌い
実技検査(3)…模擬授業(合唱指導)

(2)選考日当日、検査監督が実技検査(1)でピアノの使用が可能である説明をしたところ、受験者からの質問により、案内文の一部に誤りがあったことに気がついた。

(3)そのため、検査監督は、実技検査(1)において、改めてピアノは使用可能であることの指示を出し、実施した。

(4)しかしながら、8月23日(火曜日)受験者から指摘があり、受験者への指示が統一されていなかったことが判明した。

今後の対応方針

(1)受験者への案内文書は、作成段階で運営関係者複数人により内容を確認し、公表する前にも読み合わせを行うなどチェック体制を構築する。

(2)検査内容等の説明は、全ての受験者に正しく伝わるよう、案内文の内容と齟齬がないか精査し、複数人で確認する。

お知らせ

お問い合わせ

所属課室:教育振興部教職員課小中学校人事室任用班

電話番号:043-223-4043

ファックス番号:043-225-2374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?