ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月17日

平成29年度東上総教育事務所重点目標

東上総教育事務所は市町村教育委員会と連携を図り,各学校の教育活動が充実し,適正かつ能率的に推進されるよう支援する。

平成29年度運営方針

すべては子どもたちのために

東上総教育事務所は「SEC」で皆さんを応援します。運営方針(PDF:240KB)

SEC=

  • Smile(明るくさわやかな笑顔で対応する。)
  • Speed(事案に応じて「迅速な対応」を常に心掛ける。)
  • Service(それぞれの学校のニーズに応じた指導・助言に努める。)
  • Support(管内の市町村教育委員会及び校長会との連携を重視する。)
  • Expert(所員個々が職務に責任と誇りを持ち,自己研鑽に努める。)
  • Compliance(「CHIBA行動宣言!」を常時携帯し,意識の向上を図る。)

合言葉は『明るく・ぶれずに・前向きに』

各課室の重点目標重点目標(PDF:276KB)

1総務課:適正・正確な事務処理の推進

(1)給与等の適正な執行

  • 通勤・住居・扶養手当の認定状況の確認
  • 旅費の速やかな執行
  • 実績に基づく教員特殊業務手当等の確認

(2)研修の充実

  • 事務職員研修会を通した資質の向上及び精神的な負担の軽減
  • 市町村教育委員会の担当者への研修・情報提供による指導体制の充実

(3)学校事務の共同実施の充実

  • 学校事務の共同実施による,正確で効率的な事務処理の推進

2管理課:人材育成と信頼される学校づくり

(1)教育現場を重視した質と教育力の高い信頼される教職員の育成

  • 教職員人事評価及び学校評価の有効活用
  • P→D→C→Aサイクルの確立

(2)教職員のモラールアップと不祥事の根絶

  • 校内モラールアップ委員会の活性化,不祥事根絶
  • 勤務時間の適正管理,メンタルヘルスの推進

(3)安全・安心な学校づくりの推進

  • 学校事故の防止,交通事故の防止

3指導室:「生きる力」の育成指導の重点(PDF:854KB)

(1)学校経営・教育課程

  • 学校教育目標の具現化を図る適切な教育課程を編成,実施
  • 組織マネジメントを生かした機動力のある組織づくり,学校評価を生かした経営の改善

(2)研究と修養

  • 教職員一人一人の人間性や資質・能力の向上を目指す自主的な研究と修養の充実
  • 「研究推進委員会」や「学力向上推進委員会」等の校内体制の充実と活性化

(3)学力向上

  • 「自ら学び,思考し,表現する力」の育成
  • 指導目標や実態に応じた授業構成,展開,指導方法等の工夫
  • 指導と評価の一体化を踏まえた授業改善
  • 全校の指導体制や学習活動の工夫をする等,個に応じた指導の充実
  • 学校図書館の活用と読書に親しむ態度を育てる活動の充実

(4)道徳教育

  • 道徳教育推進教師の役割の明確化,学校全体で取り組む道徳教育の推進体制の確立
  • 「考え,議論する道徳」を意識した指導方法の工夫改善
  • 県映像教材を活用した「道徳の時間」の一層の充実
  • 「道徳の時間」の授業公開による家庭・地域と連携した道徳教育の推進

(5)グローバル化に対応した教育

  • 日本の歴史・伝統文化等の理解,日本人としてのアイデンティティの確立と自己の考えなどを主体的に発信する力の育成
  • 広い視野から思考する力等の養成,他者の尊重,協働するための語学力・コミュニケーション能力等のグローバル化に対応した資質・能力の育成

(6)生徒指導

  • いじめ・不登校・ネット上の問題行動等に対応できる組織的な指導体制の確立
  • 発達の段階や特性に応じた児童生徒理解と,教育相談活動を重視した生徒指導の推進
  • 生徒指導の機能を生かした「わかる授業」の充実

(7)特別支援教育

  • すべての教職員の特別支援教育に関する理解の深化と校内体制の充実
  • 一人一人の教育的ニーズに応じた合理的配慮の提供
  • 関係機関とのネットワーク整備と連携強化
  • インクルーシブ教育システムの推進に向け,相互の学びと理解を醸成する交流及び共同学習の充実

(8)体育・健康・安全教育

  • 生涯にわたって運動に親しむ資質や能力の育成と体力の向上
  • 自らの健康を適切に管理できる能力と望ましい生活習慣の形成
  • 安全な生活を実践する能力・態度の育成と安全管理の徹底
  • 食に関する指導の充実

(9)キャリア教育

  • すべての教育活動を通じたキャリア教育の推進
  • 自己の将来を思い描き,生き方や進路を考える指導の工夫改善

(10)社会教育

  • 家庭・地域と連携・協働する学校づくりの推進
  • 親の学びと家庭教育支援の充実

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁東上総教育事務所指導室

電話番号:0475-23-8126

ファックス番号:0475-25-3143

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?