サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 千葉県文化財保護審議会 > 開催結果概要(令和元年9月9日分)|千葉県文化財保護審議会

更新日:令和2(2020)年4月7日

開催結果概要(令和元年9月9日分)|千葉県文化財保護審議会

1 日時

令和元年9月9日(月曜日)(予定)

台風15号の影響で交通機関がマヒし、職員、委員の参集が不可能であったため、書面会議とした。

2 場所

なし

3 出席者

【審議会委員】

松田会長、小池副会長、金出委員、佐野みどり委員、山梨委員、久留島委員、吉良委員、白石委員、安室委員、菊池委員、笹生委員、小林委員、小野委員、浅間委員、福田委員、矢島委員、神庭委員、佐野千絵委員

【教育庁】

-

議事

  • (1)千葉県文化財保存活用大綱の策定について
  • (以下、非公開)
  • (2)令和元年度調査対象文化財の調査について
  • (3)令和元年度指定文化財保存状況調査について
  • (4)その他

5 議事概要

議事(1)千葉県文化財保存活用大綱の策定について

 事務局から資料を提示し、意見を頂いた(資料1)(PDF:310KB)

〈委員からの意見〉

  • 災害時に対応する対象を見据えた、未指定文化財も含めたデータベースの作成、整備の観点を盛り込むべき。
  • 有形、無形の文化財が含まれていることを明示すべき。
  • 地域の過疎化への対応、防災や災害への対応について盛り込むべき。
  • 活用については他都道府県との連携について盛り込むべき。
  • レプリカを活用した盗難防止対策等、他県での取り組みを学ぶ姿勢が必要。
  • 文化財保存活用地域計画を持たない市町村への、県からの対応、指導を行ってほしい。
  • 個人、地域団体が所有する文化財について、世代交代の際の継承について留意する必要がある。
  • 大綱の策定にあたっては、文化財保護審議会、県内市町村の意見をよく聞いて策定をすすめるべき。
  • 災害への取組は、迅速な対応に加え、継続した復旧への取組や、防災への観点も必要。
  • 文化財は種別ごとに保存や管理の方法が異なることから、種別に合せた指針を述べるのがよい。
  • 文化財修理報告書の作成、保管、公開が必要。
  • 人間活動と気候変動、自然災害に関連する博物館の展示を年1回程度行うことの義務化。
  • 文化財保護審議会の委員を積極的に活用した文化財保存活用のPRやワークショップの開催。
  • 文化財保存専門家と連携を強化し、ネットワークを形成すべき。
  • 大災害時に文化財担当者が本来の持ち場に戻るタイミングや、文化財業務への専念について記すべき。
  • 内陸部に文化財レスキューの中核となる施設を数か所設置すべき。
  • 被災した文化財を受け入れる一時保管先としての文化財シェルターの機能を博物館、美術館等に割り当てるべき。

議事(2)令和元年度調査対象文化財の調査について

 平成30年度から令和元年度に調査した文化財について書面にて報告した。委員からは、調査担当委員の所見に対し承認する旨の意見を頂いた。

議事(3)令和元年度指定文化財保存状況調査報告について

  • 1有形文化財(建造物)大山寺不動堂附 棟札(享和2年在銘)1枚
  • 2有形文化財(建造物)旧大沢家住宅
  • 3天然記念物 白浜のシロウリガイ化石露頭

文化財保護審議会委員により実施された県指定文化財保存状況調査について、書面にて報告し、文化財の今後の保存に係る意見を頂いた。

【大山寺不動堂附 棟札(享和2年在銘)1枚】(鴨川市)

○文化財の概要
  • 建築年代は、棟札から江戸時代末期の享和2年(1802)と考えられる。NPO法人かもがわ大山寺保存会が平成28年に設立され、大山寺の建物の保存修復に向けての活動をおこなっている。
  • 昭和33年の台風で倒れた樹木により不動堂が被災したのを機に、昭和36年に屋根が茅葺から銅板葺きに変更された。
  • 平成25年の大雨で雨漏りが発生したために、応急処置が施された。
○現況
  • 桁の不陸、小屋組と軒廻りの繋ぎ部分の破損、西面北寄りの桁下端の腐朽、北西隅の雨漏りがみられる。
  • 屋根を茅葺から銅板葺に変更されたため軒の出が小さくなり、縁廻りが降雨の影響を受け、縁高欄、縁板の腐朽が進んでいる。
  • 基礎廻りは場所により土砂の流入、流出が見られる。
○修理について
  • 建物を健全にすること(雨漏りをなくすこと、構造的に安定した状態にすること)を主眼とした修理を優先的に行うべき。
  • 小屋組の背面における破損を是正すること。さらなる破損が発生しないように、応急的な補強も検討したい。
  • 屋根の形状については、今後どの形式で守り続けるか、関係者の間で時間をかけて検討する必要がある。
〈委員からの意見〉
  • 9月9日の台風15号によるさらなる被害が心配である。
  • 近年、文化財の盗難被害が多いので、防犯対策を講じるべきである。

【旧大沢家住宅】(習志野市)

○文化財の概要説明
  • 寛文4年(1664)に建てられた長生村の名主の農家型主屋を昭和51年に現在の位置に移築復原したもの。
  • 平成16年に全面葺替が行われた。その後経年による茅葺の傷みが見られるようになり、所有者である習志野市により修理が計画されている。
○修理について
  • 屋根葺き替え工事として、表層葺替(表面の7割程度の範囲と軒廻りの葺替)が検討されているが、将来の屋根の維持管理を見据えて破損状況と予算に応じた修理方法を選択したい。
  • 工事の際には記録を正確に残すことに留意したい。
  • 予算が限られる場合は、屋根工事を優先するのがよい。
○屋根以外の現況
  • 竈で焚く薪を積み上げて保管しているが、湿気と虫を招きやすいので建物から離れた場所に保管すべき。
  • 建物の北面西寄りと東面の屋根に苔が繁茂しており、樹木の影響により屋根が乾きにくいためであると推測される。強風等により倒木となった場合、建物破損を招く恐れもあり、枝打ちや伐採等の樹木管理が必要。
  • 北面の土壁に苔が繁茂している。壁が乾きにくい状態にあることから、改善のための対策を検討すべき。
  • 居室の畳の傷みがある。畳については補修を検討すべき。
〈委員からの意見〉
  • 屋根の傷みに起因する雨漏りによって、木部が傷まないように留意する必要がある。

【白浜のシロウリガイ化石露頭】(南房総市)

○調査の経緯
  • 平成8年に県指定されて以来、保存状況調査が行われていないことから、今回調査を実施した。
○調査の結果
  • 県指定文化財であることを示す標柱が劣化していたので、更新する必要がある。
  • 説明板がないため、文化財の概要を知ることができない。文化財の写真や模型、露頭自体の説明を記載した説明板を設置することが望ましい。
〈委員からの意見〉
  • 標柱、説明板等を設置するのが望ましい。
  • 説明板については、景観等を考慮すると、地面に近い据え置き型の採用も検討してもよい。

議事(4)その他

1国指定名勝及び天然記念物屏風ケ浦近接地における洋上風力発電事業計画について

 銚子市沖で計画されている洋上風力発電について、資料を示し、この開発に係る委員からの意見を頂いた。

 〈委員からの主な意見〉
  • 屏風ケ浦の景観に深刻に影響する範囲を除外して開発すべきで、それができないなら規模を縮小するか開発すべきでない。
  • 景観は一朝一夕に創出されるものではなく、とりうる可能性を追求し、二者択一ではない方策を探す努力を続けてもらいたい。
  • 現時点で、既に陸上側にも風車は立ち並んでおり、名勝指定時から往時とは異なる景観の価値として認識されていることや、風力発電が将来にわたって永続的な発電方式であるかどうかも明らかではなく、いずれ撤退する可能性もあることも考えれば、不可逆な直接の物的影響を受けていない限り指定解除をする必要はない、さらにいえば解除すべきではない。

2令和元年度6月、7月に答申があった国指定・登録文化財

6月に新たに国指定の答申があった史跡2件、追加指定の答申があった史跡1件、7月に新たに国登録の答申があった登録有形文化財1件について、書面にて報告した。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?