サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 千葉県文化財保護審議会 > 開催結果概要(平成29年5月29日開催分)-千葉県文化財保護審議会

更新日:平成29(2017)年8月22日

開催結果概要(平成29年5月29日開催分)-千葉県文化財保護審議会

1 日時

平成29年5月29日(月曜日)14時00分~15時50分

2 場所

千葉県庁中庁舎9階教育庁企画管理部会議室

3 出席者

【審議会委員】

松田会長、小池副会長、丸山委員、小笠原委員、吉良委員、白石委員、鈴木委員、三田村委員、成田委員、福田委員、矢島委員、神庭委員、佐野千絵委員

【教育庁】

奥山教育振興部長、萩原文化財課長、金井副課長、島立副課長ほか

議事報告

  • (1)指定文化財保存状況調査の報告について
    • 有形文化財(工芸品) 香取神宮古神宝類
    • 無形民俗文化財 武西の六座念仏の称念仏踊り
    • 天然記念物 上岩橋貝層 

(以下非公開)

  • (2)指定対象文化財の調査報告について
  • (3)指定対象文化財の調査について
  • (4)指定文化財保存状況調査について 
  • (5)その他

5 委員の意見等

【香取神宮古神宝類】(香取市)

事務局:「香取神宮古神宝類(古文書)」について配付資料に沿って説明。

(説明の概要)

○文化財の概要説明。

○保管環境の説明。

  • 昭和15年に行われた軸装に糊染みや糊剥がれ、錆染み等が認められた。
  • 裏打ち紙が硬いためか、一部に力がかかるため取扱いの注意が必要。
  • 箱内に防虫剤を入れることを提案。
  • その他の文書について、中性紙箱に防虫剤を入れて収納することを提案。

議長:(担当委員からの補足説明を指示)

委員:昭和15年の修理による傷みが出ている。公開しているわけではないので、直ちに状態が悪化することは考えられないが、軸装を替えることも状況を改善する方法のひとつである。

委員:錆が出ることは一般的には考えられない。一時的に保管環境が悪かった可能性も考えられる。

委員:昭和15年の修理材料等が良くなかった可能性が考えられる。経過を観察し、必要であれば装丁をし直すことも考えながら、保護に努めてもらいたい。

【武西の六座念仏の称念仏踊り】(酒々井町)

事務局:「武西の六座念仏の称念仏踊り」について配付資料に沿って説明。

(説明の概要)

○文化財の概要説明。

○保存管理団体の実施状況の説明。

  • 平成20年に最後の活動を行った後、12年が経過した。
  • 様々な努力を行ったが、後継者が育たなかった。
  • 記録映像を県と市で作成し、用具も保管されている。

議長:(担当委員からの補足の説明を指示)

委員:後継者がいないという難しい問題がある。映像と道具が残っていれば、復活する場合に十分に参考となる。

 

委員:関東地方のどこでも、念仏行事を支える基盤がなくなっており、やむを得ないと思う。

 

委員:本資料以外のものも含め、記録映像のデジタル化が必要と思われるがいかかが。

事務局:県作成のものは既にデジタル化し、活用可能である。市町村作成のものについては、確認の上、デジタル化と公開を進めていきたい。

議長:後継者の問題は大きい。それに変わるものがデジタル映像であるが、その果たす役割は大きいと思われるので、その点にも留意し、保護に努めてもらいたい。

【上岩橋貝層】(印西市)

事務局:「上岩橋貝層」について配付資料に沿って説明。

(説明の概要)

○文化財の概要説明。

○看板の設置状況や周辺環境等について説明。

  • 保存管理の方法として、年に1回程度の草刈りと必要に応じた草刈りを提案。
  • 貝層上部の大木については、台風や強風時に倒れた際に貝層に影響を及ぼす恐れがあり、強風や豪雨後の確認が必要である。

議長:(担当委員からの補足の説明を指示)

委員:治山工事等により露頭貝層自体が少なくなる中で、良好な露頭貝層として貴重である。看板等もあり、周辺環境と合わせて問題は見当たらない。

議長:周辺環境も含め、良好な保存状況とのことなので、引き続き保護に努めてもらいたい。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4085

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?