ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 文化財へGO! > 南房総市「岡町遺跡」の土馬について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年12月22日

南房総市「岡町遺跡」のについて

発表日:平成28年12月21日

教育庁教育振興部文化財課

県教育委員会は平成28年7月から11月に実施した南房総市「岡町(おかまち)遺跡」の発掘調査において、平安時代の竪穴住居跡から、祭祀(さいし)に使われた土馬(どば)を発見しました。
土馬は12.5cmほどの大きさで、おびただしい数の椀(わん)や皿(さら)などと共に出土しました。
これは安房地域では初めての発見です。

1 遺跡名

岡町遺跡(南房総市富浦町南無谷175-2ほか)

2 調査期間

平成28年7月25日~11月7日

3 調査面積

1,075m2

4 主な遺構

 古墳時代~平安時代の竪穴住居跡8軒、溝、土坑(どこう)など

5 主な遺物

 土師器(はじき)、須恵器(すえき)、土製品(どせいひん)、石製品(せきせいひん)、鉄滓(てっさい)など

6 出土状況

  • 調査区内で検出した1軒の平安時代の竪穴住居跡から出土。
  • 頭部、胴体、脚がばらばらに分かれた状態で出土。
  • 30点以上の土師器(皿や椀など)が一緒に出土。
  • 土馬は祭祀の中で、ばらばらに割って廃棄(はいき)されたと推定される。

7 土馬の特徴

  • 頭部は先端、鼻の部分を欠くが耳が明瞭に表現されている。
  • 尾が大きくはね上がっている。

 

土馬出土状況

土馬出土状況

接合した土馬

接合した土馬(ばらばらに出土したものを接合)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課発掘調査班

電話番号:043-223-4080

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?