ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年8月13日

塩田家住宅主屋

(しおだけじゅうたくしゅおく)

塩田家住宅主屋

写真 大多喜町提供

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

1棟

登録日

平成27年8月4日

所在地(所有者)

夷隅郡大多喜町小土呂字東中野197-1(個人)

概要

 塩田家住宅主屋は、明治34年(1901)に建築された木造一部二階建の民家である。ほぼ四面に幅1間の下屋をめぐらせる寄棟造茅葺で、正面に切妻造桟瓦葺の玄関を持つ。
1階の間取りは、近世の伝統を引きつぐ変形6間取りであるが、空間を広くとり、押入れが多く、北半に2階を設けるなど近世民家よりも進んだ要素がみられる。たちの高い軸部や深い出桁造の軒廻りなど、当地域の近代民家の指標となる建造物である。
 なお、本住宅はニューヨークの日本庭園を作庭した塩田武雄の生家である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?