ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月6日

宮醤油店店舗ほか

(みやしょうゆてんてんぽほか)

宮醤油店店舗ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

店舗・店蔵・脇蔵・旧米蔵・東蔵・西蔵・主屋・離れ・奥蔵、9棟

登録日

平成19年7月31日

所在地(所有者)

富津市佐貫字西正石247(個人)

概要

 先祖は伊勢の出身で、天保5年(1834)創業と伝えられる老舗の醤油醸造元。商標はタマサ印。工場見学もできる。

 店舗は、明治25年(1892)の建築で、木造2階建、平入の切妻造、桟瓦葺。県道沿いに北面して建つ。桁行5間、梁間3間で、外観正面は1階に引戸、2階に格子窓が設けられてい。2階の軒は出桁造(でげたづくり)で、桁隠(けたかくし)に絵様繰形(えようくりがた、装飾として部材に付けられた彫刻や模様)が施されている。また、1階には揚戸が残り、現在も使用している。堅牢で丁寧なつくりであり、重厚な外観を形成している。

 その他、店蔵は江戸末期のもので、土蔵造2階建、瓦葺。脇蔵は明治25年(1892)築で、土蔵造2階建、瓦葺。旧米蔵は明治40年(1907)土蔵造2階建、瓦葺。東蔵も明治40年(1907)土蔵造2階建、瓦葺。西蔵は明治5年(1872)土蔵造2階建、瓦葺。主屋は明治25年(1892)木造平屋建、瓦葺で、店舗の南方に連続して建つ。離れは大正14年(1925)木造平屋建、瓦葺。奥蔵は大正8年(1919)土蔵造2階建、瓦葺である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?