ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月6日

鈴木家住宅主屋ほか

(すずきけじゅうたくしゅおくほか) 鈴木家住宅主屋ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

主屋・離れ・石蔵・火入れ蔵・穀蔵、5棟

登録日

平成14年2月14日

所在地(所有者)

鴨川市西町1139-3(個人)

概要

 元禄年間(1688~1704)から続くとされる旧家で、明治期からは酒造業を営んできた。鴨川市東条海岸と平行する旧道から奥まった場所に位置する。

 主屋は、明治初期の建築で、桁行7間、梁間5間の木造平屋建、茅葺寄棟造、平入の農家建築。棟近くに煙出しを開け、南側には瓦葺の下屋を出す。東側を土間、床上を5室構成とし、西南に式台玄関と西面に縁側を設けるなど、房総民家の特色を備えている。

 離れは、大正12年(1923)頃の建築で、敷地の東南隅、主屋の西北隅部に接続している。桁行5間、梁間3間の東西棟、木造平屋建、桟瓦葺寄棟造で、内部は西側に床の間をもつ10畳と8畳の2室構成とし、東面に便所等、東北方に風呂場を配する。南面は全面を縁側とし、その前面に土庇を設けるなど開放的な造りとなっている。

 石蔵は、大正12年(1923)頃の建築で、離れ縁側の西突き当たりに建つ。桁行2間半、梁間2間、平屋建切妻造の蔵で、東西棟、桟瓦葺、妻入となっている。外部は塗込められて土蔵のように見えるが、構造は大谷石の石造である。棟梁は離れと同じ地元大工・石井政吉と伝えられている。

 火入れ蔵は、主屋の東南、敷地東辺の門の近くに建つ。桁行6間、梁間4間の東西棟、土蔵造平屋建、桟瓦葺。切妻造の妻入で、西妻面に1間半幅の下屋を差し出し、検査室等となっている。酒造最終工程の腐敗防止処理と出荷までの貯蔵のための蔵であり、造り酒屋の屋敷構えを構成する要素である。

 穀蔵は明治後期の建築で、主屋の東南東に建つ。桁行4間,梁間3間の南北棟、土蔵造2階建、桟瓦葺。切妻造の平入で、西面には土庇を設ける。酒米を納めた蔵で、外壁を漆喰塗とし、1階部には下見板張りを施す。東門への通路を隔てて火入れ蔵の北方に位置し、両者ともに造り酒屋の屋敷景観を伝えている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?