ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月6日

鈴木家住宅主屋ほか

(すずきけじゅうたくしゅおくほか) 鈴木家住宅主屋ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

主屋・蔵・表門、2棟1基

登録日

平成19年5月15日

所在地(所有者)

館山市沼1619(個人)

概要

 屋号を「南部屋」と称し、江戸期には南部藩の常宿(船宿)を務めたと伝えられている。その後、明治21年(1988)に医業を開業、以来地域における民間医療機関として発展してきた。現在の建物は、大正12年(1923)関東大震災で被災し、翌年9月までかけて建て替えたもの。病棟部分は別棟の木造建築だったが、近年、鉄筋コンクリート造4階建の建物に建て替えた。

 主屋は、大正13年(1924)の建築で、館山港を眺望する位置に建つ。全体が和洋折衷様式の木造2階一部平屋建で、スレート葺および鉄板葺。正面外観は中央のペディメント付ポーチや両翼の半切妻屋根、円弧状の持送り等、洋風意匠とする。内部は床のコルクタイルや壁紙等の内装がよく残り、座敷床の間等の造作も良質である。

 蔵も同じく大正13年(1924)のもので、木造2階建、瓦葺。主屋東方に建てられた。桁行3間、梁間2間、切妻造、桟瓦葺の木造2階建で、蔵前によって主屋と繋がっている。南面1・2階とも塗戸を吊り込み、庇を付ける。外壁および鉢巻は目地を切った石造風のモルタル洗出しとし、主屋東側も同じ仕上げで、統一感を持った外観とする。

 表門も同年の石造で、主屋の前方に位置し、前面道路境に北面して立っている。玉石練積(たまいしねりづみ)で、高さ3.2m、間口2.8mとし、角状の柱が一対立ち、両側に袖塀を円弧状に前方へ延ばし、柱を立てる。当初は鉄扉が付いていたが、戦中の供出にあい、吊り金具のみが残存する。主屋及び前庭に相応しい重厚な造りで、表構えを形成している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?