ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月6日

加藤家住宅(茂原牡丹園)主屋ほか

(かとうけじゅうたくしゅおくほか)

加藤家住宅(茂原牡丹園)主屋ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

主屋・長屋門、2棟

登録日

平成15年7月1日

所在地(所有者)

茂原市山崎210(個人)

概要

 上総の里山景観を今に伝える、房総丘陵を背景にした端正な古民家。現在は「茂原牡丹園」として、一般公開されている。

 主屋は、桁行7間半、梁間3間半の木造平屋建、寄棟造で、茅葺屋根の農家建築。上総地方の農家の伝統的な間取りの特色をよく示している。建築年代は、加藤家の位牌や過去帳から、江戸後期の享保年間(1716~1735)と伝えられている。

 長屋門は、主屋の南側に位置し、桁行7間半、梁間2間半の木造平屋建、寄棟造で、茅葺屋根をもつ。長屋門の内部は、西側は元隠居部屋、東側は物置となっていた。棟札が残されており、天保8年(1837)に建築されたものと判明している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?