ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月16日

近藤家住宅主屋ほか

(こんどうけじゅうたくしゅおくほか)

近藤家住宅主屋ほか

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

主屋・土蔵・長屋門、3棟

登録日

平成16年11月8日

所在地(所有者)

四街道市下志津新田2530-4(個人)

概要

 四街道市下志津新田地区の中央部に位置する。近藤家は、江戸末期に武州多摩郡から犢橋村(こてはしむら、現在の千葉市)に移り、さらにこの地に移り住んだとされる。旧名主、旧千代田町長宅。

 主屋は、明治41年(1908)の建築で、桟瓦葺寄棟造の木造平屋建で、東側の中央部には緩い起りの切妻造の玄関を付けている。土蔵は、明治40年(1907)頃のもので、桟瓦葺切妻造の土蔵造2階建で、長屋門のすぐ南西隣りに位置する。外壁の上部には白漆喰塗が施され、下部は下見板張りの外観で構成されている。長屋門は、桟瓦葺寄棟造の木造平屋建で、敷地の正面入口に位置する。3代目当主・近藤林次郎により明治40年(1907)に建築されたもので、現存する上棟時の破魔矢には「大工山川伊三郎作」との墨書を確認することができる。外壁上部は漆喰塗り、下部には下見板張りが施され、立ちの高い姿に特徴がある大規模な長屋門である。 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?