ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月16日

木村家住宅(旧北白川宮邸)

(きむらけじゅうたく)

木村家住宅

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

1棟

登録日

平成11年7月8日

所在地(所有者)

四街道市四街道2-12-44(個人)

概要

 総武本線四街道駅の南西に位置する洋館。フランス駐在の経験を有する陸軍将校が、当時住んでいたフランスの住宅設計図を持ち帰り、フランス技師を招いて建築したものと伝えている。その後、大正9年(1920)から11年(1922)にかけて、陸軍野戦砲兵学校で学んでいた皇族、北白川宮の住まいであった。

 明治39年(1906)の建築で、木造2階建地下室付、瓦葺、外壁は下見板張。内部は、正方形の平面を縦横に区画し、中央に階段室を設けた間取りとなっており、1階2階とも、ここから各部屋に入ることができるよう工夫されている。十字型に交差させた大きな切妻屋根と、広い妻壁に鎧戸付きの窓を構えているなど、意匠にもフランス様式の特徴がみられる。 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?