ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月8日

千葉市民ギャラリー・いなげ(旧神谷伝兵衛稲毛別荘)

(ちばしみんぎゃらりー・いなげ) 千葉市民ギャラリー・いなげ

種別

国登録有形文化財(建造物)

登録内容

1棟

登録日

平成9年5月7日

所在地(所有者)

千葉市稲毛区稲毛1-8-35(千葉市)

概要

 東京・浅草で「電気ブラン」など、洋酒を普及させ、また、本格的なフランスワインの醸造技術を導入したことで知られる、明治・大正時代の実業家・初代神谷伝兵衛(1856~1922)の別荘だったもの。大正7年(1918)の建築で、鉄筋コンクリート造りの建築物としては千葉市内で最も古く、全国的に見ても初期のものである。

 1階正面にはロマネスク様式風の5連アーチが並ぶ、吹き放ちの柱廊が配置され、2階は非対称になった変化のある洒落た外観で構成されており、建物全体の外壁は白色タイルで仕上げられている。建物内部は、1階が本格的な洋間であるのに対して、2階は数寄屋風の和室となっている。玄関天井のシャンデリアの中心飾りには葡萄をモチーフとしたレリーフが施され、また2階の床柱に葡萄の巨木を用いているなど、ワイン王といわれた神谷伝兵衛を偲ばせる意匠が施されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?