サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月13日

明神ノ鯛

(みょうじんのたい)

明神ノ鯛

種別

県指定天然記念物

指定日

昭和10年3月26日

所在地(所有者)

鴨川市城戸地先(天津小湊町)

概要

天津漁港と二夕間浦海岸の間の沖合200mほどのところに明神礁と呼ばれる岩礁がある。この付近は、水深5mほどと浅いにもかかわらず、多くの魚類が生息している。

大正時代に、この海域に群れて生息するクロダイを保護し、鑑賞するために地元から天然記念物指定の要請があり、県は昭和10年(1935)に指定した。昭和8年には禁漁区となり、タイ見物船も出して町の観光拠点として賑わったそうだ。船べりを叩くといっせいに魚が集まる様子は壮観であったという。船は木造の手こぎ船で、地元の漁師の手によって運行されていた。タイ見物船は第2次世界大戦で中断されたが、昭和38年(1963)に復活し、その後10年間ほど行われていた。

昭和53年度(1978)からの3か年で生息状況調査を行い、9~12月にかけて多くのクロダイが餌に集まることが確認できている。そのほかにもウミタナゴやクサフグをはじめとして35種類以上の魚類や、アワビ・サザエ、豊富な海藻が確認でき、水生生物に適した海域であることが確認された。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?