ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月2日

環ノ大樟

(たまきのおおくす)

環ノ大樟

種別

県指定天然記念物

指定日

昭和10年3月26日

所在地(所有者)

富津市東大和田12(興源寺)

概要

クスノキは、クスノキ科の常緑広葉樹で、関東地方以南の暖地で、特に海岸地域に多く分布している。しかし、そのほとんどは植栽木である。クスノキの成長は早いうえ、樟脳として虫よけ使われるほど虫害に強いことから、各地に大木が残る。

環ノ大樟は、内房線上総湊駅から湊川に沿って国道465号を6kmほど遡ったところにある、真言宗智山派の興源寺にある。興源寺の石段を登りはじめる手前にあり、石段手前の坂の下から見上げる姿は雄大である。

主幹は枯死してしまい、中心部はすでになくって大きな空洞になっており、脇から生えた2本の萌芽が大きくのびていて、あたりを覆っている。樹高は約23m、根回は約20.7mで、大木が多いクスノキの中でも千葉県で最大級の個体である。幹周だけをみれば、千葉県内の天然記念物となっている樹木の中で、鴨川市にある清澄の大スギ、香取市にある府馬の大クス(タブノキ)に次ぐ太さを誇る。

このクスノキは、昭和10年(1935)に県指定天然記念物の第1号として指定した6件のうちの一つですが、それ以前の昭和3年(1928)の調査報告によれば、その時点ですでに主幹は腐朽して空洞となっていたようで、「本幹ハ古キ時代ニ挫折シ・・・・中心空洞トナレリ」「樹齢モ優ニ千載以上ニ達スルヤ疑ナカルベシ・・・・」と古風な言い回しで記録されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?