サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

鴨川大山千枚田

(かもがわおおやませんまいだ)

鴨川大山千枚田

種別

県指定名勝

指定日

平成14年3月29日

所在地(所有者)

鴨川市大字釜沼字前大利(個人)

概要

起伏が多く、平坦な土地が少ない釜沼地区では、山の斜面を開墾し、地形を巧みに利用した水田を作ってきた。鴨川大山千枚田は、標高90~150mの斜面に大小さまざまな水田が、東西約600m、南北約150mの範囲に広がっている地域である。

この棚田の起源は不明だが、江戸時代以前から存在していたという可能性がある。しかし、慶長15年(1610)から天保5年(1834)の周辺の石高に大きな変化はないことから、この時期に大規模な水田の開墾がなく、慶長15年以前か天保5年以降のいずれかに作られたものと考えられる。

平成9年に所有者、鴨川市民、市外在住者などにより「千枚田保存会」が結成され、平成11年7月には農林水産省の「日本の棚田百選」に認定された。現在は、地元の農家の協力により「オーナー制度」を導入し、景観保全とともに都市住民に農業体験の機会も提供している。

名勝に指定した範囲の水田は30段、375枚が耕作されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?