ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

戸塚派揚心流流祖戸塚彦介英俊・二代戸塚英美墓
(とつかはようしんりゅうりゅうそとつかひこすけひでとし・にだいとつかひでよしはか)

戸塚派揚心流流祖戸塚彦介英俊・二代戸塚英美墓

種別

県指定史跡

指定日

昭和18年8月27日

所在地

千葉市中央区市場町10-11

概要

 柔術の起源は相撲とともに極めて古く、戦国時代には多くの流派が生まれていた。明治時代に入って嘉納治五郎らにより講道館柔道が大成され、今やオリンピックの正式種目として国際的スポーツとなっている。

 楊心流柔術は、肥前長崎の医師三浦楊心を開祖とし、江戸芝赤羽(現在の港区三田)に道場をもった楊心流中興の祖といわれる江上武経(えがみたけつね)により隆盛を誇ったが、その門人であった八世師範戸塚秀澄(ひですみ)の子が戸塚派楊心流の流祖戸塚彦介英俊である。

 英俊は、文化10年(1813)江戸に生れた。父から柔術の皆伝を受けて沼津藩主水野家に柔術師範として仕え、近世乱取り中興の祖といわれ、同流の発展に努力した。明治維新の際、水野家が上総菊間(現市原市)に移ったため千葉に転居し、明治18年(1885)には千葉県の柔術師範を務め、明治19年(1886)、78才で没した。

 また、二代英美は、千葉市通町(現中央区中央)に道場を開き、柔道の普及に努めた。明治36年(1903)には、全国で二人の武徳会の柔道範士の称号を授けられたが、明治41年(1908)に没した。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?