サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月2日

上総十二社祭り

(かずさじゅうにしゃまつり)

上総十二社祭り

種別

県指定無形民俗文化財

指定日

平成15年3月28日

所在地

長生郡一宮町・睦沢町・長生村・茂原市・いすみ市

概要

旧上総国一宮の玉前神社を中心とする寄合い祭りである。玉前神社の神霊は、海中より玉として現れたと伝えられ、年に1度、その祭神である玉依媛を中心に、眷属となる諸神が集まるものとされている。十二社の所以は、元禄3年(1690)に書き写された「三之宮福大権現由趣書」に「一番下之郷玉垣大明神、二番三之宮福大権現、三番本納大明神、四番二之宮大明神、五番金田村南宮大明神、六番一之宮玉前大明神の神輿十二社は、太東釣ヶ崎といふ所へ出御」云々ともあるように、古くは6社12基の神輿が寄合っていたことによるが、これまでにいくつかの出入りがあって変動している。

現在の祭りは、毎年9月8日から14日にかけて行われるが、なかでも13日の例大祭では、長生郡一宮町一宮の玉前神社をはじめ、同町宮原の南宮神社、いすみ市岬町中原の玉崎神社、同町椎木の玉前神社、同町谷上の谷上神社から、計5社9基の神輿が釣ヶ崎の祭場に集結し、それぞれ神霊合わせの祭儀をいとなんでから、次々と還御の途についている。

上半身裸の男たちが神輿を担ぎ、シオフミといって波打ち際を駆け上がるさまは勇壮で、俗に裸祭りとも称されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?