サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月2日

取香の三番叟

(とっこうのさんばそう)

取香の三番叟

種別

県指定無形民俗文化財

指定日

昭和62年2月27日

伝承地

成田市取香(側高神社)

概要

三番叟は、もとは歌舞伎の式三番叟という祝福舞に源をもつものであるが、農村部にも格式高い神事的な芸能として各地に広まった。

取香の三番叟は面箱の銘から遅くとも天保11年(1840)には行われていたことが分かる。毎年4月3日前後の日曜日に側高神社の拝殿で演じられている。

当日は、公民館(旧円勝寺)に集まって、まずは若者2人が持つ万灯を先導とした行列が側高神社まで練り込む。道中囃子とともに、何度か立ち止まって万灯振りを行う。

神社に着き、神事を執り行うと、拝殿で太鼓を合図に三番叟が演じられる。若者たちが扮する翁、千歳、デク(三番叟)が次々に登場する。翁は肌色で白い口ひげをたくわえた面、デク(三番叟)は黒い面をつけ、また面をはずした素顔には鼻筋に白粉化粧している。千歳は無面で冠をかぶっている。側高神社では「翁の謡」「千歳の舞と謡」「翁の舞と謡」「三番叟の舞」「三番叟と千歳のかけあい」「三番叟の舞」が演じられる。その後、再び行列が組まれ円勝寺に戻り、舞い納めの三番叟を舞う。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?