ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年4月30日

鹿野山のさんちょこ節

(かのうざんのさんちょこぶし)

鹿野山のさんちょこ節

種別

県指定無形民俗文化財

指定日

昭和38年5月4日

伝承地

君津市鹿野山

概要

 かつて鹿野山周辺の地域では、お盆休みになると、女の子が各家々の軒に置かれた縁台の上で、あやとり棒を使った遊びに興じる風習があった。長さ20㎝、直径4㎝ほどの竹筒に小石を入れたあやとり棒を両手に持ち、2人1組になって向かいあい、歌に合わせて棒を打ち合わせ、拍子をとりながら互いに棒を交換しあう。しかし、現在子供の遊びとして行われることはほとんどなくなり、わずかに保存会によって伝承されている。

心願ネーエッサモナンデモセー心願かけるなら

鹿野山におかけオサンチョウエー

という歌詞から「さんちょこ節」と呼ばれるが、別名「なんでもせぇ」「さんちょえ」、または「あやとり唄」などともいう。「心願」「薬師如来」「九十九谷」「鳥居崎」「春夏」「秋冬」「滝」「烏」「富士山」の九番があり、鹿野山の四季を歌いこんでいる。

 さんちょこ節は娘たちが行う素朴で可憐なあそび歌である。当地を訪れた俳人、高浜虚子は、その様子を

“おどりなきさんちょこ節はあわれなり”

と詠んでいる。

 かつては各地域ごとにあった手遊び歌が、このように保存伝承されている点で貴重な例といえる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?