ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

大寺の三番叟

(おおでらのさんばそう)

大寺の三番叟

種別

県指定無形民俗文化財

指定日

昭和62年2月27日

伝承地

いすみ市下布施(大寺青年館)

概要

 いすみ市の大原地区は、房総半島東部のほぼ中央に位置し、沿岸は漁業が盛んな町である。三番叟を伝える下布施地区大寺は、その内陸部にある静かな農村である。

 大寺の三番叟は、毎年10月に、氏神の白山神社祭礼時に大寺青年館で奉納される。舞は、千歳・翁・三番叟の3役により行われ、これらを総称して三番叟といわれている。地元では通称、サンバと呼んでいる。

 もともと、三番叟は、老翁の姿をした神が天下泰平・五穀豊穣を祝って舞う、翁の芸能の一種とされるもので、能の「式三番」にあたる。式三番は、千歳・翁・三番叟の3者の舞を組み合わせたもので、千歳は稚児の役で面を付けず、翁は白色の尉面、三番叟は黒色の尉面を顔に当てて舞う。長久繁栄と五穀豊穣を祝福するめでたい舞であることから、人形芝居や歌舞伎の所作にも取り入れられ、また、地方の芸能や風俗と交わり合い、全国各地に伝わった。

 大寺の三番叟では、まず各演者が登場すると、はじめ翁、そして千歳、次に翁、三番叟、三番叟と千歳、最後に三番叟の順に舞われる。囃子方は大鼓・小鼓・笛・ツケ(拍子木)を使う。安房地方の千倉の三番叟や加茂の三番叟と異なる点は、子どもではなく、こちらはすべて大人が舞い、演じることである。

 大寺の三番叟は、300年ほど前から伝えられてきたといわれている。戦後しばらく途絶えたものの、地元の熱意によって昭和50年に復活し、今日に受け継がれている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?