ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月20日

芝原人形製作用具

(しばはらにんぎょうせいさくようぐ)

芝原人形製作用具

種別

県指定有形民俗文化財

指定日

昭和47年9月29日

所在地(所有者)

長生郡長南町芝原(個人)・長南町立郷土資料館保管

概要

芝原人形は、元禄年間(1688~1704)より江戸浅草に伝わる、今戸人形の流れをくむもので、房総の郷土玩具として知られる土人形である。内裏雛や風俗人形、十二支、招き猫、えびす大黒、天神様などの縁起物が中心となっているが、特に、明治時代のレトロ調をよく表現しており、顔には牡丹色のくま取りをし、着物には黄色い菊の花をあしらうなど、素朴ななかにも華やかさを秘めた独特なおもむきを、かもし出している。

人形は、型抜きといって、練り土を型に入れて成形し、体部を前後に2分割したのち、合わせて1体とし、作りあげていく。このとき人形の体内には小石(粘土玉)を入れておく。そのため、焼き上がった時に、振るとカラカラと音が鳴る。

このことから、長生地方では石ころ雛などともいわれ、人々に親しまれてきた。芝原人形製作用具は、成形用の型や彩色用具などが、その主なものとなっている。

芝原人形は、長南町芝原で田中氏3代にわたって製作されてきましたが、そもそも初代・錦造(金蔵)は手先が器用で、土人形で内裏雛を作っては、近辺の町屋などに納めていたといわれている。やがて好評を博してくると、人形製作は、暮れから3月頃までの農閑期に、農家の副業として行うようになった。ことに、毎年4~5月に開かれた茂原の農具市(雛市)などで販売され、最盛期には長生、山武、市原、夷隅地方をはじめ、関東各都県にも出荷された。現在では、千葉惣次氏が後継者として活躍している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?