サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

久保木竹窓遺品

(くぼきちくそういひん)

久保木竹窓遺品

種別

県指定有形文化財(歴史資料)

指定日

昭和47年9月29日

所在地(所有者)

香取市津宮(個人)

概要

 久保木竹窓(1762~1829)は、利根川河岸の津宮村(現香取市)に生まれ、名主を務めまるかたわら儒学者・国学者として知られ「下総に過ぎたるものが二つあり、成田不動に久保木蟠龍」とまでいわれた人である。

 論語・考経など儒教の研究に優れた業績を残し、「考経」の注釈書「補訂鄭註考経」は代表的な著作である。家塾を息耕堂と称し地域の人々の教育を行い、水戸藩が行方郡延方村(現潮来市)に設けた延方講釈所の講師も務めている。また、竹窓は伊能忠敬より年下であるが忠敬の漢学の師であり、地図作成の協力者でもあった。また、竹窓は書家としても知られ、伊能図の細字や佐原の山車の額などにもその事跡を残している。

 竹窓の使用した名前は多く、諱を清淵といい、字は蟠龍・仲黙、通称を太郎右衛門といった。竹を好んだので、号として竹窓・竹陰・竹軒・竹亭などを用い、楫浦逸民・鎌浦老農・黙翁などとも称している。

 遺品は、著書・細見記・書・記録類・愛用品など多岐にわたっている。

久保木竹窓遺品2

久保木竹窓遺品3

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?