ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月9日

天正検地帳

(てんしょうけんちちょう)

天正検地帳

種別

県指定有形文化財(古文書)

指定日

昭和57年4月6日(平成16年3月29日追加指定)

所在地(所有者)

船橋市、成田市、酒々井町、香取市、東庄町、銚子市、匝瑳市、茂原市、君津市、木更津市(船橋市ほか)

概要

 豊臣秀吉は天正10年(1582)7月に、山城国を手始めに全国的に次々と諸国の検地を実施し、土地の耕作者や石高などを把握していった。これは太閤検地と呼ばれており、房総地方でも天正18年から行われている。

 里見氏が治めていた安房国内での検地は、天正18年に秀吉の家臣である増田長盛が赴いて行われた。ただしこの検地は領主や村からの申告による差出検地であり、現地を測量しての検地は慶長2年(1597)から始まった。一方、里見氏から没収されて徳川の領国となった上総国では、下総国とともに天正18年に関東に入府した徳川家康の家臣によって、天正19年から実測による検地が始まり、慶長年間(1596~1615)まで継続して行われた。上総国内では1月から西上総地方の周淮郡、天羽郡へ進み、7月以降東上総の山辺郡、武射郡、望陀郡の順に実施された。下総国では2月から印旛郡から香取郡、海上郡、匝瑳郡と進められていった。

 こうした上総・下総国での検地により作成された検地帳は、冊子装の正副の2部が原本として作成され、正本は領主へ提出し副本が村に残された。検地帳には一筆ごとに耕地の縦横の間数、土地の種類、等級、面積、所有者、耕作者などが記されており、近世初期の土地状況がわかる貴重な資料となっている。天正年間の検地帳は上総・下総で写本を含めて50件以上が確認されており、このうち状態の良い原本18件(71冊)を指定している。

上総国(6件35冊)

船橋市:「上総之内佐瀬之郡川田之郷山口村水帳」1冊(現市原市)・船橋市立西図書館保管/木更津市:「上総国望陀郡菅生庄請西之郷御縄打水帳」16冊・木更津市立図書館/君津市:「上総国周淮郡練木村御縄打水帳」3冊・「上総周東庄北子安之郷御縄打水帳」5冊・君津市立中央図書館保管/茂原市「上総国弐宮之庄渋谷之郷之内北塚村御縄打水帳」4冊・「上総国弐宮之庄渋谷郷御縄打水帳」6冊

下総国(12件36冊)

成田市:「下総国香取郡遠山庄川栗御縄水帳」1冊・「下総国香取郡金山郷御縄打之水帳」1冊(成田市史編纂室保管)/酒々井町:「下総印東庄中台郷御縄打水帳」1冊/銚子市:「下総国海上郡三崎庄猿田郷村野帳」4冊・「下総国海上郡三崎庄堀之内枝柴崎郷屋敷帳及び水帳」7冊/匝瑳市:「下総国匝瑳松山神領帳」1冊/東庄町:「下総国香取郡東庄郡郷枝鹿野戸村野帳」3冊・「下総国香取郡東庄郡郷枝谷津村野帳」2冊・「下総国香取郡東庄郡郷枝今郡村野帳」2冊/香取市:「下総国香取郡府馬領長岡村御縄打水帳」8冊・「下総国香取郡木内庄木内郷野帳」4冊・「下総国香取郡岡飯田村御水帳」2冊

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?