ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月16日

鋳銅鰐口(文明十年在銘)

(ちゅうどうわにぐち)

鋳銅鰐口(文明十年在銘)

種別

県指定有形文化財(工芸品)

指定日

昭和57年4月6日

所在地(所有者)

茂原市茂原1021(藻原寺)

概要

文明10年(1478)の作で、県内に所在する鰐口の中でも大型に属し、鍍金を施した丁寧な作りでこの時期の代表的遺品と言える。素材は、銅に金メッキを施した金銅製で、大きさは直径56.0cm、厚さ22.0cm、釣環の高さは左右とも約5.0cm。耳の高さは左右とも約4.5cm、唇出が約2.7cm、撞座の直径は11.0cmとなっている。両面とも八葉複弁蓮華文の撞座を中心に1条、3条(中太)、3条(中太)、2条(外太)の帯線を鋳出している。銘文に刻まれている妙光寺は藻原寺の旧称であり、この鰐口が本来この寺のために作られたことを示している。銘文のない面には鍍金が比較的良く残っている。

(銘文)

妙光寺鰐口檀那安河妙浄當代

日養敬白

文明十年戊戌九月日

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?