ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

木造薬師如来立像

(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)

木造薬師如来立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

平成元年3月10日

所在地(所有者)

銚子市岡野台町2-473(等覚寺)

概要

 ヒノキ材の寄木造の素地像で、像高は164cm。頭部と体の中央部は、正中線で左右に、左右はさらに前中後に割られ、合計6材がそれぞれ内刳され、つなぎ合わされている。また、両肩から両腕、両体側部、両足先等が別材でつなぎ合わされている。

 頭髪は、正面を中心とする同心円状に髪筋を刻む形式で、肉髻珠・白毫相が表わされる。耳朶は紐のように伸び、衣は僧祇支・偏衫・衲衣を着け、裳をはく。両腕の肘を曲げ、左手に薬壺を持ち、右手は5指を軽く伸ばして立てている。

 頭髪を清涼寺式釈迦如来像のように渦巻き式に表している点は、やや変わった造形である。髪際の中央がやや下がることや低い肉髻、地髪の横に張った形などに、後期宋風彫刻の影響が見られる。また、衣の衣文の処理などに形式化が見られ、建長期(1249~1256)以後の鎌倉地方様式の造形感覚が表れており、13世紀後半から14世紀の制作と思われる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?