サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像

(どうぞうあみだにょらい りょうわきじりゅうぞう)

銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

昭和57年4月6日

所在地(所有者)

成田市大竹765(円光寺)

概要

 善光寺式の阿弥陀三尊像で、中尊の阿弥如来像は、高さ46cm、左脇侍の観音像は高さ29.5cm、右脇侍の勢至像は高さ29.2cmである。鋳銅製で、表面には鍍金が施されている。中尊は両手首から先を別鋳でつなぎ合わせ、脇侍は両腕を別鋳でつなぎ合わせる他は一度に鋳出されている。中尊の螺髪は旋毛型で大粒に表され、耳朶は紐状に伸びる。肉髻珠、白毫相、三道が表わされている。両肩をおおう衲衣を着け、両肩から胸前に折り返しを表している。左手は下げて第2・3指は伸ばし他の指は握った刀印を結ぶ。右手は肘を曲げており、手首から先を失っている。

 脇侍は筒形の六角宝冠をかぶり、地髪は毛を筋彫りし、耳朶は紐状にのびている。右側の観音像は宝冠の正面に観音の証の阿弥陀像を鋳出し、勢至像は勢至の証の宝瓶を鋳出する。観音像は右手を上に、勢至像は左手を上にして両手を重ねる。

 中尊の台座は蓮実、反花、框の三重蓮華座で一鋳のもので、脇侍の台座は木造で後に補われたものである。

 穏やかで整った姿で小鼻がやや大きく頬の少し張った表情、中尊の胸元に下衣を表している点に特徴がる。中尊の背部に「上総國北郡堺郷手取六郎四郎入道歳延慶貳年六月十日己酉」の銘文があり、鎌倉時代末期の延慶2年(1309)に上総国北郡(現在の東金市)の手取六郎四郎によって造立されたことがわかる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?