ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年4月14日

銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像

(どうぞうあみだにょらい・りょうわきじりゅうぞう)

銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

昭和42年12月22日

所在地(所有者)

いすみ市荻原2136(行元寺)

概要

 中尊の阿弥陀如来は像高約52cm。両脇侍は像高約33.5cm。鋳銅製で、表面は鍍金されている。善光寺式の阿弥陀三尊像で、中尊は大粒の旋毛型の螺髪で、肉髻を大きく高く盛り上げ、左右に張った地髪も豊かに表す。衲衣は両肩を覆い、両肩から胸前で折り返す。左手は下げて第2・3指は伸ばし、他の指は握った刀印を結び、右手は肘を曲げて5指を伸ばす施無畏の印を結ぶ。裳裾は台座に接し、両足先のみを表す。両手先のみ別鋳で、手首で接合する。台座は蓮実・返花・框の三重蓮華座で、それぞれを分鋳し重ねる。

 脇侍は筒形の八角宝冠を被り、地髪は毛を筋彫りし、耳朶に穴を開ける。観音像は正面に観音の証の阿弥陀像を鋳出し、左手を上にして両手を重ね、勢至像は勢至の証の宝瓶を鋳出し、右手を上にして両手を重ねる。条帛を着け、天衣を両肩にかけ、腰布と折り返し付きの裳を着け、裾を台座の蓮肉に接して、直立する。台座は中尊の台座の形に合わせた木製。

 製作年代は、像容が鎌倉円覚寺の文永8年(1271)在銘の中尊像に形が似ているほか、県内では香取郡山田町修徳院の正応3年(1290)在銘像によく似ていることから、鎌倉時代後期と考えられる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?