サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月24日

木造十一面観音立像

(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

木造十一面観音立像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

指定日

昭和39年4月28日

所在地(所有者)

南房総市府中687(寶珠院)

概要

 像高約217cm、カヤ材を用い、赤味を帯びた素地の一木造である。体部に内刳りを施し、背板をあてる。両腕は肩の付根でつなぎ合わせ、左手はひじから先を更につなぎ合わせているほか、両足先も別材でつなぎ合わせている。化仏は髻上に如来1面、天冠台上正面に菩薩立像と周囲に菩薩10面を差込んでいる。顔は豊満で、体に厚みがあり、像高の高いことと相まって非常に量感があり、平安時代の造像と考えられていたが、解体修理により徳治3年(1308)の造像銘が発見され、鎌倉時代の作であることが確認された。天衣、持物、台座は後補で、光背は失われている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?