サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

絹本著色真言八祖像

(けんぽんちゃくしょくしんごんはっそぞう)

絹本著色真言八祖像

 

種別

県指定有形文化財(絵画)

指定日

昭和53年2月28日

所在地(所有者)

長生郡長柄町鴇谷508(日輪寺)

概要

真言の祖師、七祖に空海を加えたものを八祖という。この画は、これら伝法祖師を一幅に一人ずつ描いたもので、八幅で一揃えとなっている。それぞれの絵は、多少の違いはあるが、おおむね縦83.5cm、横47.2cm前後の大きさで、一幅一鋪といって、つなぎなしの掛幅装となっている。

各祖師とも牀座にすわった姿として描かれており、画面の上部には、色紙形に祖師の行状文(略伝)が5行ずつ楷書で記されている。また、祖師の着衣や白く彩色された肌の部分は、絹本の裏面から顔料を塗るなどしており、その装飾方法には伝統的な手法がうかがえる。八幅はもとより一筆と考えられ、後補の箇所はほとんど認められず、制作当初の姿をとどめているとみられる。

日輪寺は、他の資料から応永年間(1394~1428)頃に再興されたと推定でき、本品も同じ時期に奉納されたものと考えられ、文化史上たいへん貴重なものである。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?