サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

絹本著色十二天像

(けんぽんちゃくしょくじゅうにてんぞう)

絹本著色十二天像

種別

県指定有形文化財(絵画)

指定日

昭和53年2月28日

所在地(所有者)

匝瑳市イ-2326(福善寺)

概要

 十二天像は、真言密教で十二天供の本尊か、または重要な修法の際に道場の四周に掛けて方位の守護とする重要な像である。12の像は、8方位の守護神に天地日月の神を加え、帝釈天(東)・火天(東南)・閻魔天(南)・羅刹天(西南)・水天(西)・風天(西北)・毘沙門天(北)・伊舎那天(東北)・梵天(天)・地天(地)・日天(日)・月天(月)となっている。

 福善寺の十二天像は、各像とも一幅一鋪のつなぎのない絹に描かれた立像で、そのうち火天、羅刹天、水天、毘沙門天、梵天、月天の6尊が当初のもので、帝釈天、閻魔天、風天、伊舎那天、地天、日天の6尊が江戸時代の後補のものである。各幅はほぼ、縦77cm前後、横34cm前後で、冠や装身具、装飾文様などは細部まで精緻で丁寧に描かれている。

 当初の6尊のうち、梵天、火天、月天の3幅は特に表現がすぐれており、正統的な仏画である。各所に見られる精緻で繊細な表現から考えて、製作年代は鎌倉時代末期から南北朝時代と考えられる。

 後補の6幅も、12幅一見を構成するうえで貴重な資料といえる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?