サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 紙本著色隠元和尚像 紙本著色木庵和尚像 紙本著色鉄牛和尚像

更新日:平成29(2017)年6月22日

紙本著色隠元和尚像 紙本著色木庵和尚像 紙本著色鉄牛和尚像

(しほんちゃくしょくいんげんおしょうぞう・しほんちゃくしょくもくあんおしょうぞう・しほんちゃくしょくてつぎゅうおしょうぞう)

 

紙本著色隠元和尚像

紙本著色隠元和尚像

紙本著色木庵和尚像

紙本著色木庵和尚像

紙本著色鉄牛和尚像

紙本著色鉄牛和尚像

種別

県指定有形文化財(絵画)

指定日

昭和45年4月17日

所在地(所有者)

香取郡東庄町小南690(福聚寺)

概要

 江戸時代にわが国に伝来した禅宗の一つである黄檗宗で、伝法のしるしとして授与された肖像画である。作者は喜多元規といい、全国に約190点の作品を残している黄檗宗の絵師である。

 描かれているのは、黄檗宗を伝えた隠元と、その法系に連なる木庵と鉄牛で、鉄牛は椿海干拓事業の功労者であり、千葉県の先覚者の一人として知られている。

 画面上には、鉄牛の讃があり、それによれば天和3年(1683)に制作されたことがわかる。大きさは3点とも同じで、縦111cm、横42.5cmである。

 作者の喜多元規の伝記は明らかではないが、薩摩藩士で南蛮画を学び、鉄牛に入門して禅を修めたことが知られている。元規は独特の泥絵具を用いたが、この絵にはその特色が良く見られる。また本品は彼の画歴の後半にあたり、ぼかしから線描を多く用いる描法へ移っていたことを示している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?