ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

めがね橋

(めがねばし)

めがね橋

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

平成元年3月10日

所在地(所有者)

南房総市白浜町滝口地先(南房総市)

概要

長尾川の河口近くに、明治21年(1888)に地元の寄付により作られた石積みの三重橋。昭和52年(1977)の修理により一部石材が取り替えられ、改変されたが、竣工時の規模、形状をよく残している。延長28.3m(橋台まで含めると約34m)、幅員4mで、径間7mのアーチを3基連ねた石積みアーチ工法で作られている。両岸には石積みの橋台を備え、現在は取り替えられているが、もともとは装飾のついた鉄製の手すりがつけられていた。橋のたもとの石は静岡県伊豆から運び、橋の本体の石は近くの海岸から切り出したもので、地元の石なら塩害に強いと選ばれた。意匠的にも優れた県下でも数少ない石造橋梁である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?